カルディコーヒーファーム ラ 94%以上節約 直営限定アウトレット プレッツィオーザ ホールトマト缶 6缶 400g1セット

カルディコーヒーファーム ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g1セット(6缶)

323円 カルディコーヒーファーム ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g1セット(6缶) 食品 乾物、乾燥豆類、缶詰 缶詰 323円 カルディコーヒーファーム ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g1セット(6缶) 食品 乾物、乾燥豆類、缶詰 缶詰 カルディコーヒーファーム ラ 直営限定アウトレット プレッツィオーザ ホールトマト缶 6缶 400g1セット /Halopsyche6762.html,ラ・プレッツィオーザ,323円,カルディコーヒーファーム,ホールトマト缶,400g1セット(6缶),www.gesundheitsassistent.com,食品 , 乾物、乾燥豆類、缶詰 , 缶詰 カルディコーヒーファーム ラ 直営限定アウトレット プレッツィオーザ ホールトマト缶 6缶 400g1セット /Halopsyche6762.html,ラ・プレッツィオーザ,323円,カルディコーヒーファーム,ホールトマト缶,400g1セット(6缶),www.gesundheitsassistent.com,食品 , 乾物、乾燥豆類、缶詰 , 缶詰

323円

カルディコーヒーファーム ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g1セット(6缶)

※ご注文の確定タイミングにより、在庫が確保できない場合がございます。
「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。
カルディコーヒーファーム人気NO.1! ホールタイプはじっくり煮込んだ料理やパスタソースにぴったり。ご家庭でのストックをおすすめ
カルディコーヒーファーム人気NO.1のホールタイプのトマト缶(皮なし)。バランスのとれたほどよい酸味とすっきりした甘み。ホールトマト缶はトマトスープ・トマトソースなど煮込み料理に適しています。トマトの名産地として知られるイタリア・カンパーニャ地方産のトマトから、さらに選りすぐった高品質のトマトのみを使用しています。缶詰のコーティングを強化するなど品質管理の厳しいことでも知られ、イタリアのみならず世界各国のトップブランドがこのトマトを採用しています。
食品・調味料・お取り寄せ > 缶詰・瓶詰 > 素材缶詰 > トマト缶

ロハコ本店でのご購入はこちら

この商品の返品について

 配送中の衝撃や保管場所の気温変化等により、側面にへこみや潰れが生じることがあります。上下がゆがむような著しい変形でない場合は、中身には問題ありませんので悪しからずご容赦ください。また、保管場所の気温変化の影響で缶の表面にサビが発生することがありますが、中身には問題ありませんのでご安心ください。●賞味期限表記の切替毎に、缶上部に赤いラインが「あるもの」と「無いもの」がございますが、中身・その他についての違いはございません。●缶のままの加熱は危険ですのでおやめください。温める場合は別の容器に移してからお召し上がりください。●切り口で手を切らないよう取扱いにはご注意ください。●開封後は別容器に移し、冷蔵庫にて保存の上、お早めにお召し上がり下さい。【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。※商品の発送時点で、賞味期限まで残り360日以上の商品をお届けします。※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心がけていますが実物と若干異なる場合がございます。※多くのお客様にご利用いただくため、同一のお客様からの大量のご注文、同一のお届け先への大量のご注文は、ご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます。※一緒にご注文する商品、またはお届け地域等により翌日配達ができない場合があります。

商品仕様/スペック

栄養成分表示(100g当たり)エネルギー:27kcal、たんぱく質:1.3g、脂質:0.2g、炭水化物:5.3g、食塩相当量:0.03g 原産国イタリア
名称トマト・ジュースづけ 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認くださいトマト、トマトジュース/酸味料
包装・容器の種類トマト
内容量400g(固形量:240g) 形状ホール
寸法直径70×高さ110mm 内容量(g)400g(固形量:240g)
ブランドカルディコーヒーファーム メーカー名キャメル珈琲
JANコード8006643000904
備考詳しい商品説明はこちら(メーカーサイト)

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。




カルディコーヒーファーム ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g1セット(6缶)

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

ナツツバキの育て方

ナツツバキの原産地は日本で、主な生息地は本州から九州にかけて...

ヨツバシオガマの育て...

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjapo...

ツリフネソウの育て方

ツリフネソウは一年草であり、草の丈は40センチから80センチ...

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が存在...

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物にな...

ペトレア・ボルビリス...

ペトレア・ボルビリスは原産地がキューバ・ブラジルといった中南...

ツタ(ナツヅタ)の育...

ツタはナタヅタともいい、ブドウ科ツタ属のツタ植物です。古くか...

ニチニチソウの育て方

ニチニチソウに日本に渡来したのは1780年頃のことだといわれ...

センテッドゼラニウム...

センテッドゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物で...

ガーベラの育て方

ガーベラの歴史は比較的新しく、原産地は南アフリカで、元々自生...

バラ(ミニバラ)の育...

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バラ、...

カロケファルスの育て...

見た目からは少し想像がつきにくいですがキク科になります。種類...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの特徴として、まずはキキョウ目、キキョウ科で...

桃の育て方

桃の歴史は紀元前にまで遡り、明確な時期は明かされておりま...

ハエマンサスの育て方

ハエマンサスという植物があります。これは少し趣味性の高い...

エニシダの育て方

エニシダはギリシャ語のクローヴァーや詰草といった意味の言...